あなたは誰? 【生きづらさ】から脱却したいなら、あるべき姿を書き出そう!

2015.09.29 Tuesday 23:55
0
    自信を無くした時
    周りから理解されないとき
    自分を見失ってしまうこともある。


    会議で自分の提案が通らなかった。
    提案が否定されたのに
    自分の人格まで否定されてしまったように感じる。

    「頭にきている」自分
    「次こそは」と燃えている自分
    と同時に
    自信を無くし、うなだれている自分が
    同居している。

    私が社長、役員に、くってかかっていたころ
    時々味わった感覚。

    こんな時は
    ありたい自分を見失わないため
    いつもの自分を取り戻すため
    あるべき姿
    ありたい姿を書き出して見よう。

    私のセルフイメージは「巨星」
    常に輝き、周囲を照らしている。

    科学的?に話せば
    恒星が惑星を照らしている。

    非科学的に話を展開させると
    はじめは、照らされていた惑星が
    自ら輝きだし恒星となる。

    お互いが輝きあうことで
    自らもより輝く。

    そして惑星から恒星になった星々が
    それぞれ惑星を照らし、照らされた惑星が恒星となる。
    このサイクルがぐるぐる回る。

    私は、惑星を照らし、恒星に変化成長させるマスターな恒星を
    生み出していく。

    これが私のあるべき姿。


    あるべき姿
    ありたい姿は
    常に進化、進歩している。

    あなたの「あるべき姿」とは?





    生きづらさを感じている、あなたへ



    あるべき姿を書き出して、自分を取り戻す


    「あなたの【自分憲法】 1,000人プロジェクト」は、こちら 


    ☆あなたの不安が安心にかわる
     パーソナルコンサルタント 山崎 耐忍


    「ありたい自分」に出会える、応援セッション

    あなたが成長するための、
    あなたが自信をもつための、
    あなたが笑顔ですごすための、
    応援セッション

    お試しセッション
    90分 10,000円(税込)にて
    体験できます!
    是非、ご活用ください!
    但し、御一人様1回まで。

    お得なお知らせ!

    今月は、お試しセッションを
    体験後に感想をいただける方には

    お試しセッション
    通常60分 → 90分

    お試し価格も
    10,000円 → 5,000円

    是非、この機会に体験してみては、いかがですか!



    *なお、お試しセッションは
    電話・スカイプ
    対面の場合は都内当方指定場所となります。


    お申込はこちらから
     

     

    自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

    あなたの応援団 公式サイト

    ブログは毎日、つぶやきは・・・
    あなたの応援団 Facebookページ
    http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



    それでは最後に

    「素敵な あなたに 幸あれ!!」

     


     

    JUGEMテーマ:学問・学校
    JUGEMテーマ:ビジネス

    自分を自分で受け入れるために  書くことで素直になれる

    2015.08.25 Tuesday 23:49
    0
      3200日、書き続け、
      自分をさらけ出していると
      意外な発見がある。


      意外な発見と言うよりは
      自分の思い込みだったのかも
      しれないが・・・。

      文章を書くと、
      理屈っぽくなると思うかもしれませんが
      そうでもないのです。

      私の思い込みだったのかもしれませんが
      実は素直になれるのです。

      書くことで
      自分と向き合う。

      自分と話をする。
      自分について、ゆっくり考える。
      自分について、あらためて考える。

      自分についての新たな発見。

      「自分は、石橋をたたいても、わたらないと思っていたけど
       結構チャレンジャーだなぁ」

      「怒りっぽいんじゃないんだ、
      しっかり相手の立場で考えて
      本氣で相手のことを思っている」

      自分を知れば知るほど
      素直になれるものなのです。

      その結果
      自分を信じ
      自分を素直に愛せます。

      セルフラブですね。

      自分を認め
      自分をいたわり

      そして、周りにやさしくなれる。

      素直な自分に
      はじめは照れるかもしれません。

      でも、会いに行く価値は
      十分にありますよ!

      素直な自分に。



      生きづらさを感じている、あなたへ



      素直になるから、自分を受け入れられる

      どのような自分であれ、

      それが【あなた】です。


       


      ☆あなたの不安を安心に変える
       パーソナルコーチ 山崎 耐忍



      自分を成長させるための、
      あなたに自信をつけるための、
      お試しセッション
      60分 10,000円(税込)にて
      体験できます!
      是非、ご活用ください!
      但し、御一人様1回まで。



      *なお、お試しセッションは
      電話・スカイプ
      対面の場合は都内当方指定場所となります。


      お申込はこちらから
       

       

      自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

      あなたの応援団 公式サイト

      ブログは毎日、つぶやきは・・・
      あなたの応援団 Facebookページ
      http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



      それでは最後に

      「素敵な あなたに 幸あれ!!」

       

      JUGEMテーマ:学問・学校
      JUGEMテーマ:ビジネス

      書くことで、こんな欲求が! 内面から目立ちたい!

      2015.08.24 Monday 23:49
      0
        3200日、記し続けると
        時の経過と共に
        様々な変化に立ち会います。

        当然、自分の変化も
        目の当たりにします。


        書くことで、いままで思わなかった欲求を覚え、
        それがかなっている。
        そのような経験もできます。

        生きていくなかで、
        「目立つ能力」というものが
        必要とされることがあります。

        この「目立つ能力」。
        子どもの頃の
        「目立とう精神」
        とは、少しことなるものです。


        私たちは、
        生き残るため
        有利にいきるために
        「目立つ能力」がものをいいます。

        クライアントに
        ライバル企業より、
        先に声をかけて貰う必要があり、

        消費者、潜在顧客に、
        真っ先に思い出していただく、

        先輩、上司に
        可愛がられる、
        目をかけていただくのも
        「目立つ能力」となります。

        ここまで、書くとわかるように
        ここで言う「目立つ能力」は、
        単に外見や、奇をてらう言動とは、
        ことなります。

        私も、もともと「目立つ」ことが好きだったので、
        他人と異なることをして、目立ってきました。

        子どものころから、
        30台前半までは、特に。

        ただね、奇をてらった言動だと、
        限度があるんですよね。

        「目立てない」のでなく、
        目立っても、面白くない
        満足感がないんですよ。

        その当時は、
        自分の心の声を
        上手く表現できなかった。
        言語化ができなかった。

        それが、なおさら、もやもや感を増していくことに。

        でも、書くようになり
        書き続け、成長を続け
        自分の心の声を具体化、言語化できるようになりました。

        「内面から目立ちたい!」

        意外と心の深いところからの叫びでした。

        この「内面から目立つ」と言うのも
        表面的には、同じような「奇をてらう」行動に
        見えることもあります。

        ただ、実際は異なります。

        内面から目立つというのは、
        そのひとの「あり方」、
        価値観のあらわれでもあるので
        いわゆる「板についている」わけです。

        単に、奇をてらうだけでは
        付け焼刃というか
        わざとらしさが前面に出てきます。

        書くことは、内省、自己対話を
        くりかえすことでもありますので
        以前は、具体化、言語化できなかったものが
        しっくりいく言葉で表現できるようになります。

        と、同時に内省、自己対話により
        軸ができ、自然体の自分(自分らしさ)も
        発露されます。

        そうなると自ずと内面から目立つように
        なっていたのですね。

        これって、ありがたいというか、
        すごいことですよね。

        かなりの可能性を秘めています。

        内面から目立つということは
        存在だけで、目立つ、差別化できる
        ことにつながりますよね。
        (もちろん私はまだ、その途上ですが・・・)

        でも、想像するだけで楽しくなります。

        書くことで、内面から目立ち
        結果的にそれが、「らしさ」という、
        差別化となり、生きていく上でも
        大きなアドバンテージになるのですから。

        私も、その様な自分を想像しながら
        1日1日書き続けます。


         



        生きづらさを感じている、あなたへ



        書くことで心の声が明確になり

        あなたの内面が輝く


         


        ☆あなたの不安を安心に変える
         パーソナルコーチ 山崎 耐忍



        自分を成長させるための、
        あなたに自信をつけるための、
        お試しセッション
        60分 10,000円(税込)にて
        体験できます!
        是非、ご活用ください!
        但し、御一人様1回まで。



        *なお、お試しセッションは
        電話・スカイプ
        対面の場合は都内当方指定場所となります。


        お申込はこちらから
         

         

        自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

        あなたの応援団 公式サイト

        ブログは毎日、つぶやきは・・・
        あなたの応援団 Facebookページ
        http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



        それでは最後に

        「素敵な あなたに 幸あれ!!」

         

        JUGEMテーマ:ビジネス
        JUGEMテーマ:学問・学校

         

        悩みを抱えているあなたが楽になるために 書くことで悩みと付き合える

        2015.08.23 Sunday 13:05
        0
          書き続けて、3200日超

          初期の頃から、よく言われたのは

          「山ちゃんは、いいよなぁ、悩みがなくて」



          いやいや、私だって悩みはありますよ。

          悩むこと、悩み方が異なるかもしれませんが・・・。




          良く、クライアントさんにもお話ししますが

          そもそも悩みとは何でしょうか?



          どうして私たちは悩みをかかえているのでしょうか?



          誤解を恐れずに言えば

          悩みは多くの方にとって

          「願望、欲求、目標」とセットになっています。



          「もっと楽に暮らしたいなぁ」という願望の裏に

          「毎日、朝から晩まであくせくしている」現状の自分。

          そのギャップに悩み。

          「何で、俺はこんなに働かなくちゃならないんだ」



          「いい車、乗りたいなぁ」という欲求の裏に

          「自転車が俺の愛車」と言う現状。

          そのギャップに悩み

          「何で車も、買えないんだよ」



          「今月新規獲得10件」と目標(ノルマ)を立てる。

          「あと、2日しかないのにまだ3件」という現実。

          そのギャップに悩み

          「あと、2日でどうすればいいんだよ、俺は。逃げたい!」



          つまり、悩みそのものは、必ずしも悪いものでは無いのです。

          「願望、欲求、目標」に、もれなく?
          ついてくるのですから、上手くつきあうのが、得策。

          「悩み」に、支配されたり、過剰に反応したり、しなければよいのです。

          「悩みは、人生の宿題」とおっしゃる人もいます。

          自己成長のために
          悩みを活用すれば、よいのです!

          では、どのようにして?

          やはり、書くのです。
          書くことで、「悩み」に「悩まなく」
          なるのです。

          あなたも、もう、わかってらっしゃるでしょう?

          書くことで、客観的になれることは!
          ここでは、二つの面の客観性が期待できます。

          ひとつは、悩みそのものにたいして。
          先日の不安の話と、同じように、
          誰の悩み?
          本当に悩み?
          あなたが解決すること?

          ふるいにかけてみてください。

          また、悩みの真っ只中にいる、と思われる【あなた】を書くことで客観的にみてあげてください。

          そして自分に、アドバイスしてあげてください。

          自分とのアドバイスのやりとりは、自己対話でもよいけど、手紙のように書くとまた、よいでしょう。

          さあ、書き出しましょう!
          悩んでいるなら、



          生きづらさを感じている、あなたへ







          悩みを活用してやれ!自己成長のために!







          ☆あなたの不安を安心に変える

           パーソナルコーチ 山崎 耐忍






          自分を成長させるための、

          あなたに自信をつけるための、

          お試しセッション

          60分 10,000円(税込)にて

          体験できます!

          是非、ご活用ください!

          但し、御一人様1回まで。






          *なお、お試しセッションは

          電話・スカイプ

          対面の場合は都内当方指定場所となります。




          お申込はこちらから




          自信を持って、自分らしく生きていくあなたに



          あなたの応援団 公式サイト



          ブログは毎日、つぶやきは・・・

          あなたの応援団 Facebookページ

          http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki







          それでは最後に



          「素敵な あなたに 幸あれ!!」




          JUGEMテーマ:学問・学校


          JUGEMテーマ:ビジネス

          まだ見ぬ未来を恐れているあなたへ 「いま、ここ」を生きる  書くことで不安が安心に変わる

          2015.08.22 Saturday 23:21
          0
            10年を一区切りとするのなら
            まずは3200日から3650日を目指す。
            後から振り返ればどれも通過地点の一日。

            未来は在るけれども
            未来は存在しない。

            確実に存在するのは
            「いま、ここ」である「今日」。
            未来は「今日」と言う形で存在する。


            あなたは、生きていると
            日々、多くの不安に囲まれ
            時に押しつぶされそうになるかもしれない。

            頭の中は「不安」「不安」「不安」
            だけど、不安とは、「まだ見ぬ未来への恐れ」

            私たちは、過去にも未来にも生きることができない
            生きているのは「いま、ここ」だけ。

            「いま、ここ」を生きるために
            自らの過去の体験、経験を智恵とし
            先人の智恵を教訓として学ぶ。

            そして明日の「ありたい自分」であるために
            「いま、ここ」を生きている。

            「いま、ここ」を生きるためには、
            やはり「書く」ことが役立ちます。

            書くことで「いま、ここ」に集中できます。
            ペンでノートに書く
            キーボートで文字を打ち込む
            その瞬間、瞬間、集中しています。

            自らの体験、経験を智恵にするために
            その日を振り返り、自らを省みて
            自らを深めるために書きます。

            私は、その教訓をノートに書き留めたり、
            書き留めたものを、自分のものとしたときに
            ブログに書いたりしています。

            また、ブログの最後にメッセージの形で
            自らにも、あなたにもお届けしています。

            同じように「ありたい自分」であるために
            その日を振り返り、自らを省みて
            自らを深めるために書きます。

            その「ありたい自分」を宣言するために
            実験場として衆人環視のブログを活用しています。


            「いやいや、言っていることはわかるけど『不安』なものは『不安』何だよ」
            率直なあなたの叫びも聴こえてきます。

            ならば、その『不安』を全て書き出して下さい。
            できればノートに手書きで、より具体的に。

            正直、一心不乱に書き出すだけでも、
            あるものをつかむ方もいます。
            だから、やってみてください。

            書き出すだけでつかめなくても大丈夫。

            書いたものを、よ〜く見てください。
            読んでください。
            そして自問してください。
            自分でチェックして見てください。

            「そもそも、それは本当に『不安』なのですか?」
            具体的に書き出すことで「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ということに
            氣づくかも。

            「それは本当にあなたの問題ですか?」
            あなたに関係なければ、そもそも不安になる必要がありません。

            「それは、あなたが不安がっているだけでなんとかなるのですか?」
            もし、その様な項目があれば、不安がるのも良いかもしれませんが・・・。

            「それは、あなたが、解決できることですか?」
            これは何度も繰り返し、深く問いてください。
            どうすることもできないものなら不安になるだけ、もったいないですね。

            「自分が行動すれば解決できますか?」
            「イエス」であれば不安がっていないで、行動してみましょう。
            不安など感じることもなくなるでしょう。


            少なくとも書くだけでここまでできます。

            あなたのそばにある、紙とペンで。






            生きづらさを感じている、あなたへ



            書くことで「いま」を生きる


             


            ☆あなたの不安を安心に変える
             パーソナルコーチ 山崎 耐忍



            自分を成長させるための、
            あなたに自信をつけるための、
            お試しセッション
            60分 10,000円(税込)にて
            体験できます!
            是非、ご活用ください!
            但し、御一人様1回まで。



            *なお、お試しセッションは
            電話・スカイプ
            対面の場合は都内当方指定場所となります。


            お申込はこちらから
             

             

            自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

            あなたの応援団 公式サイト

            ブログは毎日、つぶやきは・・・
            あなたの応援団 Facebookページ
            http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



            それでは最後に

            「素敵な あなたに 幸あれ!!」

             

            JUGEMテーマ:学問・学校
            JUGEMテーマ:ビジネス

            自分を受け入れることが、できないあなたへ 書くことで強くなれる

            2015.08.21 Friday 23:42
            0
              3200日、衆人環視の中、自分をさらし
              それ以上の期間、自分を深めるため
              成長記録をつけているとこんなことも。


              志望校に入れず挫折
              「どうせ俺なんて」

              営業のアポが取れない
              「何て俺はダメなんだ」

              上司から仕事で怒鳴られ
              「何で俺ばかり言われるんだ」

              仕事も、恋もうまくいっている友達を見て
              「あいつはいいよなぁ」

              日々、成長を目指しているのに
              現実は、日々、自己否定。

              昔の自分を振り返ると
              懐かしくもあり
              如何に自分に酷い仕打ちをしていたか
              反省させられます。

              これらを繰り返していたら
              ますます「ダメダメ」になってしまいます。

              このように自己否定してしまうのは
              自分の「弱さ」なのです。

              現実の自分を認めることができない「弱さ」

              私たちは、「弱さ」でなく「強さ」をだすことで
              人生が楽になる。

              「強さ」と、一言で言っても
              喧嘩が強い
              意志が強い
              強靭な肉体
              いろいろな「強さ」もあります。

              私が言う「強さ」
              根幹となる「強さ」とは、
              「ありのままの自分を受け入れる」
              ことであり、
              「自分を大事にし、自分を信じる」
              ことです。

              「こんなことが?」
              意外に思う方もいるかもしれません。

              そうなんです
              「こんなこと」です。

              でも、「こんなこと」でも
              みなさん、なかなかできないのです。

              それゆえに、みなさん、
              私たちのところに来られるのです。

              私たちは、欠けているところばかり
              注目してしまうのです。

              全て自分で何でもできるのなら【社会】は必要ないのに
              自分いない能力に注目して
              「〜できない」

              全ての人が同じであるたら、面白みもなく、
              これまた【社会】は必要なくなるのに
              他人と比較して自分にないものを
              「劣っている」

              自分の特徴なのに「欠点」と決めつけ
              他人との違いなのに「劣っている」「欠点」
              と自分を責める。

              いつしかこれが当たり前になっているのです。

              特徴や他人との違いは、そもそも「欠点」ではないのです。
              あくまでも「特徴」「違い」。

              突き詰めると
              あなたの「性質」でしかない。

              さらに突き詰めると
              それが【あなた】なのです。
              *厳密に言えば「【あなた】の一部分、一面」

              【あなた】が【あなた】を受け入れるのが
              【あなた】の「強さ」

              そして、受け入れたなら
              周りがどのように思おうが
              あなたがどのように思おうが
              【一生懸命に生きている、あなた】
              【そこにいる、あなた】
              を大切にし、信じる。
              つまり、『愛する』。
              これが「強さ」です。


              ならば、どうして「書く」ことで
              強くなれるのか。

              繰り返しお伝えしているように
              自分のことを書くことは
              自分を客観視できること。

              書くことの特徴の一つです。

              主観的にしか自分のことをみれないと
              「欠けたところ」ばかりに、目がいきます。
              客観的に見れると「満ちている」ところにも
              氣づくのです。

              「満ちている」ところに氣づけば
              「満ちている」部分の方が、多い、大きいことにも
              氣づきます。

              この氣づきは、強くなるのに大事ですね。

              また、私の事例で恐縮ですが
              衆人環視のブログ
              自己を深掘りする成長記録を
              同時に書いていると
              ブログでは、「ありたい自分」「あるべき自分」を表現し、
              成長記録で「ありたい自分」であるか自問し、
              修正ポイントを見つける。

              その修正ポイント(氣づきなど)について
              ブログで公言し、改善する。

              その行動にたいしての評価を成長記録で自問する。

              このサイクルがきれいに回るので
              「強さ」を身に付けるのにも
              他のことにも、加速され効果、影響も
              シナジーにより強力になってきます。

              それ故に私は
              ・真の強さを身に付けたいあなた
              ・自分を受けいれることができないあなた
              に、書くことをお勧めするのです!



              生きづらさを感じている、あなたへ



              書くことで 真の【強さ】を 手にいれる


               


              ☆あなたの不安を安心に変える
               パーソナルコーチ 山崎 耐忍



              自分を成長させるための、
              あなたに自信をつけるための、
              お試しセッション
              60分 10,000円(税込)にて
              体験できます!
              是非、ご活用ください!
              但し、御一人様1回まで。



              *なお、お試しセッションは
              電話・スカイプ
              対面の場合は都内当方指定場所となります。


              お申込はこちらから
               

               

              自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

              あなたの応援団 公式サイト

              ブログは毎日、つぶやきは・・・
              あなたの応援団 Facebookページ
              http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



              それでは最後に

              「素敵な あなたに 幸あれ!!」

               

              JUGEMテーマ:学問・学校
              JUGEMテーマ:ビジネス

              書くことで自信がつく

              2015.08.20 Thursday 23:41
              0
                3200日書き続けると
                様々なことが起こる。

                起こるといっても
                外的なものでなく
                自分の中で起こる。


                新しい「能力」が身に付くというより
                今まで眠っていたものが
                揺り動かされ、目覚めたような感覚。

                本日のテーマは
                「書くことで自信がつく」

                自信がなく、他人と比較し
                自信がないから、他人より劣っているところに
                フォーカスし、落ち込む。
                さらに自信喪失。

                このような、自信喪失ループに
                ハマっていく方を数多く、お会いしてきました。

                「書くだけで自信がつくなら苦労していないわ!」
                でも、・・・
                そうなんです。

                特段、苦労は、しなくて大丈夫です。
                書くだけですから。

                書くだけと言いましたが
                注文をつけさせていただくなら
                ・自分のこと、自分が感じたことを書くか
                ・自分の言葉で書くこと。
                ・自分を否定しない。(反省はOK)
                少なくとも、この点を守っていただければ
                大丈夫。

                もちろん、1日で「自信がついた」
                というものでもないのですが
                書いているうちに、自信がつきます。

                *より効率的に自信がつく方法も
                サポートさいただいてます。

                自分のことを書くというのは、
                自然と「自己対話」をしていること。

                この「自己対話」で
                意外な自分、異なる視点から自己評価を知ることもあります。
                「俺って飽きっぽいと思っていたけど、いろんなものに興味があるんだよなぁ」
                「何をやっても続かないと、思っていたけど、子どもの時から、困っている人を見るとずっと手助けしていたよなぁ」
                このような小さな種が
                あなたの中にいくつも、眠っています。

                書くことで、それに氣づき
                書くことで、その芽を育てる。
                それが育つプロセスが自信となり
                花開きます。

                書くことには
                このような効果もあるのです。

                ただ、実感できるのは
                書き始めたひと。

                そして、書き続ける
                あなたです。




                生きづらさを感じている、あなたへ



                書くことで、あなたの中に種が見つかる。

                やがてそれが、芽をだし、自信となって

                花開く!



                 


                ☆あなたの不安を安心に変える
                 パーソナルコーチ 山崎 耐忍



                自分を成長させるための、
                あなたに自信をつけるための、
                お試しセッション
                60分 10,000円(税込)にて
                体験できます!
                是非、ご活用ください!
                但し、御一人様1回まで。



                *なお、お試しセッションは
                電話・スカイプ
                対面の場合は都内当方指定場所となります。


                お申込はこちらから
                 

                 

                自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                あなたの応援団 公式サイト

                ブログは毎日、つぶやきは・・・
                あなたの応援団 Facebookページ
                http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



                それでは最後に

                「素敵な あなたに 幸あれ!!」

                 

                JUGEMテーマ:学問・学校
                JUGEMテーマ:ビジネス

                書くことで自分の意見がまとまる

                2015.08.19 Wednesday 23:46
                0
                  思うがままに、話していた30代前半。

                  30代後半から、書くことを意識する。
                  ブログを書き初めて3200日以上
                  書くことで、それまでと違う自分を手にいれてきました。


                  特別なことではなく
                  書くことで、手にいれてきました。
                  あなたにもできる
                  書くことで。

                  書くことのメリットの一つ
                  書くことで自分の意見がまとまりました。

                  もちろん、それまでも自分の意見を
                  持っていました。

                  もしかしたら、
                  「持っている」と思い込んでいたのかもしれません。
                  ただ、書き始める以前は、
                  おそらく、まとまりがなかったかと思います。

                  書くこと以上に口が達者だったので
                  「勢い」で、押し切っていたのでしょう。

                  本来は、書けないことは話せないものです。
                  書く作業で思考をまとめるのです。

                  そして、書いている過程で、
                  書いたものを見直すことで
                  より研ぎ澄まされた文章になり
                  思考も研ぎ澄まされてきます。

                  頭の中では、理路整然としていることでも
                  (ほとんどが、この段階では思い込みですが)
                  口に出すと論理矛盾。

                  書き出すことで、
                  「あれ、自分は何が言いたいんだ?」
                  「最初に掲げたテーマと結論が異なる」
                  「この仮説は、成り立たないじゃん」

                  これらのことが見えてくる、わかってくる。
                  そうすれは、修正がききます。

                  もちろん、全てに対してこれが有効とは思いません。
                  書くことによって、思考がまとまるのは間違いないことですが
                  講演、セミナーで話すこと全てに対して
                  原稿として書き出す。
                  そして完璧な原稿をつくる。
                  これが、ピタッと当てはまる人
                  当てはまるケースもあれば
                  核となる部分だけは、まとめて
                  あとは、ライブ感を優先させるのもよし、
                  ひとこと、ひとこと言葉を紡ぎながら語るのも
                  味がありますからね。

                  いずれにしても
                  自分の考えをまとめ、
                  その修正をはかるには
                  書くことが一番。

                  書き続けると
                  時系列で自分の思考の流れも分かり
                  自分の考えを自覚できるようになります。

                  そうなると自分が変わります。
                  自分の変化もわかります。

                  これも先日、お伝えした
                  「成長」に繋がります。






                  生きづらさを感じている、あなたへ



                  書くことで思考が明確になる

                  それが核となる。


                   


                  ☆あなたの不安を安心に変える
                   パーソナルコーチ 山崎 耐忍



                  自分を成長させるための、
                  あなたに自信をつけるための、
                  お試しセッション
                  60分 10,000円(税込)にて
                  体験できます!
                  是非、ご活用ください!
                  但し、御一人様1回まで。



                  *なお、お試しセッションは
                  電話・スカイプ
                  対面の場合は都内当方指定場所となります。


                  お申込はこちらから
                   

                   

                  自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                  あなたの応援団 公式サイト

                  ブログは毎日、つぶやきは・・・
                  あなたの応援団 Facebookページ
                  http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



                  それでは最後に

                  「素敵な あなたに 幸あれ!!」

                   

                  JUGEMテーマ:学問・学校
                  JUGEMテーマ:ビジネス

                  書くことで思考の「クセ」がわかる

                  2015.08.18 Tuesday 23:01
                  0
                    3200日以上、1日を振り返り
                    自分の学び、自分の氣づきを書いていると
                    自分の「クセ」が、わかってきます。


                    いわゆる「思考のクセ」です。

                    これは、書いているときに
                    意識できることもありますが、
                    どちらかと言うと意識できているクセ。

                    自覚しているクセになるので
                    こちらは再確認となりますね。

                    「家庭が落ち着いているときは、前向きな発言が多いなぁ」
                    「仕事がうまくいっていないときは、激昂氣味だ。」

                    これとは、異なり
                    書いた後に(数日置いた後)、
                    読み返して氣づく「クセ」もあります。

                    これらは、ある意味新鮮であり
                    意外であることも。

                    「自分と近い考えを持っている人に対して、厳しいコメントが多いなぁ」
                    「月初はテンション高いのに、月末に向け、トーンダウンしている」

                    私の場合は
                    「抽象化するのは得意だけど、具体的な表現が弱いなぁ」
                    と痛感しましたね。

                    短くまとめたいときは、抽象的でも
                    それなりに良いこともあるのですが
                    具体性がない分、よほどのインパクトを与えない限り
                    読者の方の記憶に残らないようです。

                    これに氣づけたのは大きいですね。

                    書かなくては氣づかないし、
                    漠然と書いているだけでは氣づかないし
                    垂れ流しているだけでは、
                    氣づかないのですね。

                    まずは書くこと、
                    そして如何に書くか
                    如何に続けるか
                    如何に書いたものを活用するか。

                    あなたも書くことから
                    身に付けてみませんか!






                    生きづらさを感じている、あなたへ



                    書くようになると、

                    書くだけでは終わらない


                     


                    ☆あなたの不安を安心に変える
                     パーソナルコーチ 山崎 耐忍



                    自分を成長させるための、
                    あなたに自信をつけるための、
                    お試しセッション
                    60分 10,000円(税込)にて
                    体験できます!
                    是非、ご活用ください!
                    但し、御一人様1回まで。



                    *なお、お試しセッションは
                    電話・スカイプ
                    対面の場合は都内当方指定場所となります。


                    お申込はこちらから
                     

                     

                    自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                    あなたの応援団 公式サイト

                    ブログは毎日、つぶやきは・・・
                    あなたの応援団 Facebookページ
                    http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



                    それでは最後に

                    「素敵な あなたに 幸あれ!!」

                     

                    JUGEMテーマ:学問・学校
                    JUGEMテーマ:ビジネス

                    書くことでブレがわかる

                    2015.08.17 Monday 21:35
                    0
                      定期的に書くことは、定点観測となり、
                      その期間が短くなるほど、成長効率も上がることを
                      3200日以上書き続けてきて、実感しています。


                      この書くことで定点観測を行っている人なら
                      実感されているとおもいますが、
                      書くことで、様々なブレもわかります。

                      「成長」も、ひとつのブレです。
                      毎日、書き続けている場合で考えれば、
                      「昨日より、自分の目標に近づいた」
                      「自分の進む方向に踏み出した」
                      「出来事を自分のプラスに変えた」
                      そのように感じる「ブレ」が成長となります。

                      昨日もお伝えしたように、
                      ブログでも、日記でも、記録でも、
                      書いたものそのものが、
                      成長の証、成長の軌跡となるのです。

                      1日1日の積み上げが成長となり
                      1日1日の積み重ねが成長の軌跡となる。

                      日々、成長を実感できる楽しみ
                      まだまだと、自己を発奮する楽しみを
                      あじわいたければ、書くことは、本当にお勧めです。

                      オープンにして衆人環視状態をつくるならブログが
                      適していますし、
                      自分の中でとお考えならノート一冊でことが足ります。
                      (PCに、ためておいても、良いですし、
                       ブログも非公開にすれば良いのですが)

                      また、成長という、プラスのブレを感じるように、
                      「本来、在るべき自分」からのブレ、
                      「自分軸、価値」のブレにも、
                      日々、書き続けることで氣付きます。

                      成長のブレは素直に「嬉しい」と感じるかもしれませんが
                      こちらのブレも、耳や目が痛いかもしれませんが
                      いずれ嬉しく感じることでしょう。

                      「笑顔で過ごして、周囲の人を明るくしたい」と、
                      思っていても、時にはムスッとしたり、
                      笑えない状態が続くこともあるかもしれません。

                      でも、日々振り返って、そのブレに氣づくのなら
                      すぐに改善行動に移せるので、大きく外れることなく
                      修正がきくのです。

                      24時間、ありたい自分で居れないとしても、
                      日々、振り返り改善することで
                      24時間連続で、ありたくない自分で
                      居ることもないのです。

                      これが、ありがたいことであり
                      書くことのメリットでもあります。

                      ブレにも、修正するためのブレ
                      自分を発奮させるブレと
                      様々ですが、
                      考え方によっては
                      どちらも成長のためのブレ
                      成長するゆえのブレと
                      言えるのかもしれません。




                      生きづらさを感じている、あなたへ




                      ブレるのも成長とする


                       

                       



                      ☆あなたの不安を安心に変える

                       パーソナルコーチ 山崎 耐忍






                      自分を成長させるための、

                      あなたに自信をつけるための、

                      お試しセッション

                      60分 10,000円(税込)にて

                      体験できます!

                      是非、ご活用ください!

                      但し、御一人様1回まで。






                      *なお、お試しセッションは

                      電話・スカイプ

                      対面の場合は都内当方指定場所となります。




                      お申込はこちらから
                       



                       

                      自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                       

                      あなたの応援団 公式サイト



                      ブログは毎日、つぶやきは・・・

                      あなたの応援団 Facebookページ

                      http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki







                      それでは最後に



                      「素敵な あなたに 幸あれ!!」


                       


                      JUGEMテーマ:ビジネス
                       
                      JUGEMテーマ:学問・学校

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      自分を大切に思うあなたへの手紙
                      メールアドレス
                      まぐまぐ孫子
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 人を信じきれるか 海賊とよばれた男
                        藍色
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.7.8 第26号
                        あなたの応援団
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.7.1 第25号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.17 第23号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.10 第22号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.3 第21号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.27 第20号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.20 第19号
                        あなたの応援団長
                      • 〜【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.13 第18号
                        あなたの応援団長
                      • 〜【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.6 第17号
                        あなたの応援団長
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM