書くことで成長し、書くことで成長に氣づく

2015.08.16 Sunday 17:23
0
    3200日以上
    毎日、書いているということは、
    定点観測をしていることになります。


    それ故に「見えてくるもの」があります。

    ブログでは、その日、一日の出来事から
    人生の成長に役だったこと
    人生に影響を与えたことなどを
    書いています。

    自省成長記録では
    項目は、時折入れ替えますが
    同じテーマについて
    氣づいたこと、感じとことを書いています。

    書くことのメリットは
    ずっとお伝えしてきていますが
    毎日、1日を振りかえり、
    自己の感情、思考について書くと言うことは
    会社で言えば、日時決算を繰り返しているようなもの。

    格好良く言えば、PDCAを回しているとも言えます。
    鮒谷さんの言葉を借りれば、
    あのアインシュタインも称賛した「複利」で回していることとなります。

    ご存知のように、複利は単利より運用効率は良く
    1年より半年、半年より1か月、1か月より1日と
    複利で回す期間が短いほど、運用効率は良くなります。

    自己の振り返りも
    1年より半年、半年より1か月、1か月より1日と
    振り返りの期間を短くした方が
    より成長できると信じています。

    書いて自己を日々振り返る
    これによって、あなたも成長できるのです。

    日々の自分の心の動きを追い
    振り返り、違いを認識する。

    言葉にして書くことで
    具体的になる。
    具体的になるから
    実行しやすく、修正がきく。

    だから、あなたも書くことで
    成長できます。

    日々、書くことで成長すると同時に
    書いているから、成長に氣づき
    書いているから成長していることがわかるのです。

    これが書くことの効用です。
    書くがゆえにあなたは成長し
    書くがゆえに、その成長に氣づくのです。

    「書く」って、その様なことなんですね。

    「書く」って簡単なこと
    でも、誰もが書いているわけではない。

    書かなくても成長できる。
    でも、書くことで成長できる。

    書くことで成長するもよし
    書くこと以外で成長するもよし。

    書いて成長したいのなら私も
    サポートさせていただきます。





    生きづらさを感じている、あなたへ



    書くことで成長ができるなら

    「書く」ことを選択すればよい。


     

     



    ☆あなたの不安を安心に変える

     パーソナルコーチ 山崎 耐忍






    自分を成長させるための、

    あなたに自信をつけるための、

    お試しセッション

    60分 10,000円(税込)にて

    体験できます!

    是非、ご活用ください!

    但し、御一人様1回まで。






    *なお、お試しセッションは

    電話・スカイプ

    対面の場合は都内当方指定場所となります。




    お申込はこちらから
     



     

    自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

     

    あなたの応援団 公式サイト



    ブログは毎日、つぶやきは・・・

    あなたの応援団 Facebookページ

    http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki







    それでは最後に



    「素敵な あなたに 幸あれ!!」


     


    JUGEMテーマ:学問・学校
     
    JUGEMテーマ:ビジネス

    書くことであなたも優しくなれる。いま以上に・・・

    2015.08.15 Saturday 09:20
    0
      3200日以上ブログを書き続けていると
      自分の変化を多々感じます。
      これらの変化もメリット。


      自分にも、周囲の人にも
      ありがたい変化のひとつが
      「やさしくなれること」

      この
      「書くことで、やさしくなれる」
      というのも、大きく分けると
      二通りあります。

      あなたが感情的になり怒りを感じたとき
      怒りの矛先を書くことに
      向けることはできます。

      ただ、怒りながら書き続けることは
      案外難しいもの。
      書いている途中で心落ち着く方もいます。
      こころ落ち着くことで
      本来のやさしさを取り戻すことが多いものです。

      もちろん、最後まで怒り続け、自分の氣もちを
      書き上げる人もいます。

      書き上げると、人は読み直す習性があるのです。
      ここで「何か」に氣づく人が多いですね。

      「私は、書きっぱなしで読み直さない」と言う人も
      書いたものは、残っているのです。

      「いや、捨てた、燃やした、消去した」と言う人も
      書いた事実だけは、捨てられないのです。

      マイナスの感情からの行動は
      こころに残っている
      どこか、引っかかることがあるのですよね。

      これら
      ・書いたものを読み直す
      ・書いたものが残っている
      ・書いた事実が残っている

      ことが、よいのですね。

      そもそも
      怒りの感情を持ち続けることができても
      怒りMAXのテンションを10分続けるのは
      かなり困難で、
      1時間続けるとなると
      ある意味、自分への拷問?

      必ず冷静に振り返るときが来ます。
      ここがチャンスです。

      「なんで、このようなことを書いたのだ」
      「怒りの真の原因は何だったのか?」
      「相手はなぜ、あのような行動をとったのか?」

      もともとやさしいあなた。
      冷静になることで
      怒りと反対の方向に大きく振れます。

      怒りの例を取り上げましたが
      他も同様

      【図1】
      書く→氣づく→振り返る→自分を取り戻す
      →「やさしさ」としてあらわれる

      これが、書くことで、より、やさしくなれる
      構造のひとつです。

      もうひとつは
      今までもお伝えしてきましたが、
      そもそも自分を知ることで
      自分をねぎらい、ケアしたくなるのです。
      衛藤先生の言葉を借りれば、セルフラブ。
      つまり自分にやさしくなれる。

      自分にやさしくできる人が
      他人にもやさしくでき
      他人にやさしい人は
      自分にもやさしいもの。

      【図2】
      書く→自分を見つめる→自分をケアする
      →自分にやさしくなる→周囲の人にも「やさしく」なれる

      このように【書く】ことで【やさしく】なれるのです。
      図で表すとシンプルですが
      実際、おこなってみてもシンプルです。

      書くことで
      より、やさしくなりませんか!




      生きづらさを感じている、あなたへ



      書けば、やさしさの泉 湧く


       


      ☆あなたの不安を安心に変える
       パーソナルコーチ 山崎 耐忍



      自分を成長させるための、
      あなたに自信をつけるための、
      お試しセッション
      60分 10,000円(税込)にて
      体験できます!
      是非、ご活用ください!
      但し、御一人様1回まで。



      *なお、お試しセッションは
      電話・スカイプ
      対面の場合は都内当方指定場所となります。


      お申込はこちらから
       

       

      自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

      あなたの応援団 公式サイト

      ブログは毎日、つぶやきは・・・
      あなたの応援団 Facebookページ
      http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



      それでは最後に

      「素敵な あなたに 幸あれ!!」

       

      JUGEMテーマ:学問・学校
      JUGEMテーマ:ビジネス

      書くことで、あなたも、他人の氣持ちがわかる

      2015.08.14 Friday 23:46
      0
        3200日以上、ブログを書き続けて
        多くのモノを手にいれてきました。

        これは、私だけの特別なことでなく
        あなたも、手にいれることができるので
        それらを、ひとつづつお伝えしています。

        書くことのメリットは、
        はかりしれない。

        なのに書く人がすくないのは、
        そのメリットを実感されていないから。

        直接、お話しさせていただいている
        お客さま、クライアントさんに、
        伝えると、共感頂く方は、少なく
        驚かれる方がほとんど。

        逆に、そのことに、驚きを感じた私。

        9年間(個人の、成長記録は、それ以上)、ブログを続けてきて
        実感したこと、広くみなさんにシェアさせていただきます。

        書くことで、自分を創り、自分を知るメリットは、
        既に、お伝えしました。

        書くことで自分を知ると
        それに伴い、相手、周囲の人についても
        理解できるようになります。

        自分を知ることが、ある意味、大変なことだと、
        わかっているので、相手を理解しようとする心が
        自然と芽生えてきます。

        自分を理解するプロセスが
        身に付いているので
        他人を理解するのにも
        それを活用できるのです。

        自分を理解するときに
        自分の氣持ちに
        耳と心を傾けます。

        特に、書くことを通じて
        自分の行動、出来事に関して
        自分の氣持ち、心の動きを
        言葉を使って具体的に言語化できるので
        相手に対しても同じようにアプローチできます。

        私も、以前であれば
        何か言い返してくる人に対して
        「うるせぇ」
        「俺は、あなたの何倍も考えているは!」
        と、一蹴していましたが、
        書くことを通じて
        「なぜ、彼はあの発言をしたのだろうか?」
        「彼の真意は?」
        「自分が彼の立場なら、どのような反応をしただろうか?」
        と言う、考え、アプローチを手にいれました。

        日常生活では、このレベルで十分ですが
        応援カウンセリング、セッションでは
        より深く相手にアプローチするので
        非常に役立っています。

        書くことで、自分の本音も分かってきますので
        相手に対しても
        「彼の言動の奥には〜があるのではないか?」
        との推測も容易にできるようになります。

        書くことは、一瞬、立ち止まること。
        立ち止まることで、余裕ができる。
        その余裕が相手を理解する余裕にも、
        つながるのです。

        人は自分のことにしか、興味がないもの。
        そのような人の興味をひくには、
        相手を理解することから始まります。



        生きづらさを感じている、あなたへ



        自分を理解し、相手を理解する。

        コミュニケーション上手への道。


         

         



        ☆あなたの不安を安心に変える

         パーソナルコーチ 山崎 耐忍






        自分を成長させるための、

        あなたに自信をつけるための、

        お試しセッション

        60分 10,000円(税込)にて

        体験できます!

        是非、ご活用ください!

        但し、御一人様1回まで。






        *なお、お試しセッションは

        電話・スカイプ

        対面の場合は都内当方指定場所となります。




        お申込はこちらから
         



         

        自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

         

        あなたの応援団 公式サイト



        ブログは毎日、つぶやきは・・・

        あなたの応援団 Facebookページ

        http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki







        それでは最後に



        「素敵な あなたに 幸あれ!!」


         


        JUGEMテーマ:学問・学校
         
        JUGEMテーマ:ビジネス

        書くことで、あなたも【自分】がわかる

        2015.08.13 Thursday 23:42
        0
          約9年、書くことで
          ありたい自分に一歩ずつ近づいていく。
          それは書くことで自分がわかってきたから。


          書くということは、
          自分との対話を重ねること。


          もちろん、
          ここで、お話ししているのは、
          自分の考え、感情、思いを書くことです。

          繰り返しになりますが、
          自分の感情を自分の言葉に「翻訳」するには、
          自分と向き合う必要があります。

          この行為が、自分を深く掘り下げ、
          自分の真の感情を知る機会にも、なるのです。

          「なぜ、あの時、あんなに怒ってしまったのだろう?」
          「書き続けるようになって
          最近は、語氣を荒げることがなくなってきたのに…」

          つい、カッとなってしまうこともあるでしょう。

          これ、その場だけで終わってしまうと
          「きっと、イラついていたからだ!」
          で、終わってしまうのですね。

          でもね、本当はカッとなったから、
          イラついただけなんですよね。

          書かないとこの辺のことが
          見えてこないのです。

          あなたがカッとなったのは?
          「部下が凡ミスをしてお客さまを怒らせたから」
          あなたは、その部下に前から目をかけていた。
          期待していた部下が詰めが甘く
          期待と反対の結果をだしてしまった。

          そう、あなたは部下に「期待していた」のです。
          それなのに・・・

          イラついていたわけでも
          部下が憎かったわけでもないのです
          「期待していた」のです。

          期待していたからこそ、怒ることもあるでしょうが
          「期待していた」ことが
          ハッキリすれば、
          次は部下に異なるアプローチをすることも、
          できるでしょう。

          怒るより、期待していたことを
          率直に伝えてみよう。

          子どもに対しても同じ。

          いつも、子どもに、きつく言ってしまう
          お父さん、お母さん
          自分の心の動き
          感情を正直に書いてみよう。

          期待からくるものが
          あるのなら、率直に伝えよう。

          でもね、自分の見栄のためでは
          期待とは言わないから、
          その点も書くことで、しっかり見分けてくださいね。

          自分を知るための一歩を
          書き出そう!





          生きづらさを感じている、あなたへ



          書くことで、

          自分の正直な氣持ちがわかる


           

           



          ☆あなたの不安を安心に変える

           パーソナルコーチ 山崎 耐忍






          自分を成長させるための、

          あなたに自信をつけるための、

          お試しセッション

          60分 10,000円(税込)にて

          体験できます!

          是非、ご活用ください!

          但し、御一人様1回まで。






          *なお、お試しセッションは

          電話・スカイプ

          対面の場合は都内当方指定場所となります。




          お申込はこちらから
           



           

          自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

           

          あなたの応援団 公式サイト



          ブログは毎日、つぶやきは・・・

          あなたの応援団 Facebookページ

          http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki







          それでは最後に



          「素敵な あなたに 幸あれ!!」


           


          JUGEMテーマ:学問・学校
           
          JUGEMテーマ:ビジネス

          書くことで自分軸が決まる

          2015.08.12 Wednesday 23:38
          0
            間もなく丸9年、ブログを書き続けてきて
            わかったこと、身に付いたこと
            解決できたことがたくさんあります。


            その際たるもののひとつが
            【自分軸】が決まること。

            自分軸とは
            自分の存在、人生の核となる
            根本の主張であり
            価値観であり
            人生の判断基準でもあります。

            この自分軸が定まる前の私は
            ・やたらと他人との比べ、欠けていることだけに
            フォーカスをする
            ・他人と比較して焦る
            ・あっちへふらふら、こっちへふらふら
            進みたい方向も定まらず
            ・好奇心旺盛なのは良いけど
            何か新しいもの、儲かりそうなものがあると
            ちょこっと手を付けては、また次のネタに。
            何ひとつ、モノになることはなかった。

            そのような私も
            書くことをはじめ
            書き続けることで
            自分の軸が確立しだした。

            書くことで自然と自分との対話が始まり
            自分がどのような人でありたいかが
            明確になってくる。

            書くことで、言葉を用いる。
            言葉を用いるということは
            具体的に表現することにつながり
            具体的に表現すると
            行動も具体的になってくる。

            ありたい自分が明確になり
            ありたい自分になるために
            具体的に行動し
            ありたい自分であるために
            書くことで日々自省する。

            これを繰り返していくことで
            より自分軸は、太くもなり
            確立されていく。

            自分軸が出来上がると
            不要な他人との比較はしなくなる。

            不要な他人との比較とは
            比較することで
            自分を叱咤激励するのでなく
            自分を蔑んだり
            比較することで
            成長の糧とするのでなく
            焦り、ただ不安を煽るだけの行為。

            自分軸ができれば
            他人と比較して焦ることもなければ
            他人と比較して安堵することもない。

            これが【自然体】にも繋がってくるのです。

            自分を省みて書き始めよう!






            生きづらさを感じている、あなたへ



            書くことで自分軸が定まり

            書き続けることで自分軸が太くなる


             


            ☆あなたの不安を安心に変える
             パーソナルコーチ 山崎 耐忍



            自分を成長させるための、
            あなたに自信をつけるための、
            お試しセッション
            60分 10,000円(税込)にて
            体験できます!
            是非、ご活用ください!
            但し、御一人様1回まで。



            *なお、お試しセッションは
            電話・スカイプ
            対面の場合は都内当方指定場所となります。


            お申込はこちらから
             

             

            自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

            あなたの応援団 公式サイト

            ブログは毎日、つぶやきは・・・
            あなたの応援団 Facebookページ
            http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



            それでは最後に

            「素敵な あなたに 幸あれ!!」

             

            JUGEMテーマ:学問・学校
            JUGEMテーマ:ビジネス

            書くことで、頭の中が整理できる

            2015.08.11 Tuesday 23:41
            0
              約9年、3,200以上の記事を
              書き続けて身に付いたことが多々あります。

              1日に生きていると
              次から次へと
              様々な思考が頭に浮かぶ。
              幸いにして全てを覚えていなくとも
              頭の中は大混乱。

              書くという行為は
              思考や感情を
              言葉を使って具体的に表現すること。

              広範囲かつ詳細な
              ある意味無限の思考や感情を
              限りある言葉で表現するのは
              本当は無理があり
              かなり難しい行為である。

              だが、それゆえに言語化するプロセスで
              頭の中、心の中が自然と整理されていく。

              自分の思考、感情により近い言葉
              より適した言葉を探すことで
              思考、感情そのものも整理されていく。

              自分は、何に対して喜んだのか?
              どのように喜んだのか?

              自分は、何に対して怒りを感じたのか?
              そのように怒りを感じたのか?

              当然のことながら、
              書いたものを読むことで
              思考、感情の整理はより進む。

              これを日々重ねていくので
              一日一日を完了させ、
              翌日を混乱することなく迎え、
              すっきりとした人生をおくることが
              できるようになる。

              翌日、すっきりと起きられないのは、
              疲れがたまっているだけではありません。

              すっきりした朝を迎えるためにも
              書き始めませんか!



              生きづらさを感じている、あなたへ



              書くことが、あなたの目覚めを変える


               


              ☆あなたの不安を安心に変える
               パーソナルコーチ 山崎 耐忍



              自分を成長させるための、
              あなたに自信をつけるための、
              お試しセッション
              60分 10,000円(税込)にて
              体験できます!
              是非、ご活用ください!
              但し、御一人様1回まで。



              *なお、お試しセッションは
              電話・スカイプ
              対面の場合は都内当方指定場所となります。


              お申込はこちらから
               

               

              自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

              あなたの応援団 公式サイト

              ブログは毎日、つぶやきは・・・
              あなたの応援団 Facebookページ
              http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



              それでは最後に

              「素敵な あなたに 幸あれ!!」

               

              JUGEMテーマ:学問・学校
              JUGEMテーマ:ビジネス

              書くことであなたは、冷静になれる

              2015.08.10 Monday 23:57
              0
                約9年ブログを書き続け
                3,200以上の記事をお届けしてきた私ですが、
                もっと前から書き続けていたら・・・と
                「タラレバ」的なことも
                たまに妄想します。


                おそらく私は2度も解雇されなかっただろうと。

                その頃の私は直情型。

                頭にくると感情的になって
                口から飛び出す言葉は
                「だからバカなんがよ!」

                社長、役員に言葉のシャワー(罵声)を
                浴びせかけていました。

                直接ではないにしても
                根に持たれていたのかもしれません。

                そりょぁ、会議で「バカ」などと言われれば
                頭にきていたのでしょう。

                感情的に生きるのは何ら問題はないのですが
                感情的に伝えても説得力がないんですよね。

                もちろん、「バカ」と言う言葉には、
                説得力がなくて良いのですが
                その前後に発する私の考え、主張までもが
                いいことを言ったとしても、「感情的」と思われた時点で
                説得力がなくなります。

                感情的であったかどうかは、関係ないのです。
                相手に「感情的」と思われるかどうかが
                説得力を左右します。

                あれから日記で自己を振り返り自省し
                ブログで外に発信しつづけることで
                冷静に対応できるようになっています。

                正直、嫌のことを言う人
                困った態度、行動とる人は
                未だに現れます。

                ただ、その方の言動に
                いちいち目くじらをたてたり
                過剰な反応をしたりはしません。

                始めは、その日の出来事と、それに対する
                自分の感情の動きを客観視して、書き続けることで
                冷静になっていくのです。

                従って、その現場では、必ずしも冷静でいられるとは
                限りません。
                振り返って冷静になれたのです。

                ただ、そのうちに、いちいち客観視しなくても
                起きたことに冷静でいられるようになります。

                書き続けることで、その様な思考習慣
                受けとめ方が自然とできるようになったのです。

                出来事を振り返るとき
                自分のことも振り返ると同時に
                相手や周囲のことも考えます。

                相手の氣持ち、感情
                そこに至った経緯
                第三者の反応などなど

                始めなは、後から振り返ることで
                理解できたことが
                徐々に身に付き、その場でも
                相手のこと、周囲のことを考えられ
                理解できるようになったのです。

                相手の考えに、ただ賛同するということでなく
                相手の立場を理解し、受け入れることが
                すんなりできるようになりました。

                これは今のカウンセリング、セッションにも
                活きていますので、私にとっても
                お客さまにとっても、大きなプラスとなっています。

                あなたも書くことで
                「冷静」に対応できるのです。

                私にもできたのだから!




                生きづらいと感じている、あなたへ



                冷静な対応は、あなたの視野をひろげる


                 


                ☆あなたの不安を安心に変える
                 パーソナルコーチ 山崎 耐忍



                自分を成長させるための、
                あなたに自信をつけるための、
                お試しセッション
                60分 10,000円(税込)にて
                体験できます!
                是非、ご活用ください!
                但し、御一人様1回まで。



                *なお、お試しセッションは
                電話・スカイプ
                対面の場合は都内当方指定場所となります。


                お申込はこちらから
                 

                 

                自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                あなたの応援団 公式サイト

                ブログは毎日、つぶやきは・・・
                あなたの応援団 Facebookページ
                http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



                それでは最後に

                「素敵な あなたに 幸あれ!!」

                 

                JUGEMテーマ:学問・学校
                JUGEMテーマ:ビジネス

                書くことで周りが自分を理解してくれる

                2015.08.09 Sunday 11:29
                0
                  社会生活を送っている私たちは、
                  人と接しながら生きていく。

                  家族、会社、学校、コミュニティ・・・


                  周りに無理に合わせようとして
                  生きづらくすることもなく
                  おもねる必要もないが、
                  自分を相手に理解してもらい
                  相手をあなたが理解すること
                  「相互理解」が進めば、
                  生きるのも楽になってきます。

                  「相互理解」のためには
                  純粋なコミュニケーション能力も必要ですが
                  伝える「核」となる自分を自分で理解していることが
                  とても大切になります。

                  そう、
                  最も身近な存在
                  最も知っている存在
                  なのに最もわかっていない存在でもある
                  【自分】

                  多くの人が、
                  【自分】を理解することに対して無頓着、無関心。
                  【自分】を理解することの大切さ、必要性を理解していない。
                  【自分】を理解する術をしらない。

                  このような現実の中、私がみなさんにお伝えしているのが
                  自分との対話をすること。

                  その中でも特に、「書く」こと。

                  「【自分】について書く」
                  「【自分】の言葉で書く」

                  このことが大きく役に立ちます。

                  「【自分】について書く」は、
                  そのものずばり、
                  自分を省みたり、
                  深く入っていったりします。

                  また、
                  「【自分】の言葉で書く」と言う行為も
                  かなり有効となります。

                  「【自分】の言葉」と言うのは
                  ひとつは、【自分】の体験、経験から得た言葉であり、
                  身に付いている言葉、板についている言葉です。

                  そして、もうひとつは、
                  「咀嚼する」ことで、「【自分】の言葉」としたものです。

                  例えば、名言を聴いて、それを書いただけでは
                  「名言をうつしている」にとどまります。

                  その名言を聴いて、自分が何を感じ、何を行動したのか。

                  そのものずばりの体験がなくても、
                  自分の近い体験から、類推し、少しでも臨場感を持とうとする
                  ことで疑似体験ができる。

                  また、その名言を抽象化、共通化し、
                  具体的に自分に当てはめる。

                  これらの「咀嚼行為」が、
                  【自分】を知る行為になるのです。

                  書くこと
                  書き続けることが
                  自分を知り、理解することに
                  繋がります。

                  だから私は書き続け
                  だから私は書くことを勧めているのです。

                  「騙されたと思って」などとは言いません。
                  9年ちかく、3,000以上の記事を
                  書き続けてきた私の話を
                  「信じられる方から」
                  始めてみてください。
                  そして、変わり始めてください!




                  生きづらさを感じている、あなたへ



                  書き始めることが、自分を知る第一歩!


                   


                  ☆あなたの不安を安心に変える
                   パーソナルコーチ 山崎 耐忍



                  自分を成長させるための、
                  あなたに自信をつけるための、
                  お試しセッション
                  60分 10,000円(税込)にて
                  体験できます!
                  是非、ご活用ください!
                  但し、御一人様1回まで。



                  *なお、お試しセッションは
                  電話・スカイプ
                  対面の場合は都内当方指定場所となります。


                  お申込はこちらから
                   

                   

                  自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                  あなたの応援団 公式サイト

                  ブログは毎日、つぶやきは・・・
                  あなたの応援団 Facebookページ
                  http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



                  それでは最後に

                  「素敵な あなたに 幸あれ!!」

                   

                  JUGEMテーマ:ビジネス
                  JUGEMテーマ:学問・学校

                  強制 ご褒美 そしてあなたから湧き出てくる・・・

                  2015.08.07 Friday 22:06
                  0
                    ブログを続けて
                    間もなく9年。


                    3,000以上の記事を
                    書き続けていますが
                    続けるためには、いくつかの手段があります。

                    1.強制
                    強制にも、いくつかのパターンが。

                    ・コーチやパートナーの力を借り、
                     強制力をつくりだす。
                    →日々のサポート、パートナーと一緒に行う

                    ・衆人監視状態をつくる
                    →ブログ、SNSなどで
                    書くことは、そのことが衆人監視ですね。

                    ・宣言する
                    →人前で宣言することで
                    強制力をつくる

                    2.ご褒美
                    →3か月続いたら、アルフィーのコンサートに行く
                    →ダイエットに成功したら、お氣に入りの服を買う



                    3.半強制&ご褒美
                    1と2の複合です。

                    相手を見つけ、継続(達成)できたら自分がメリットを享受
                    そうでなければ、相手にメリットを与える。

                    私は以前、「1か月以内に10kg痩せる」ということで
                    ダイエットを継続させ、見事、同僚からメリットを受けました。



                    ここまでの方法は、初期、短期の場合は有効ですが
                    1年、2年となってくると難しいものがあります。

                    長期継続のために大切なのは、何か?

                    あなたが毎日行っていることは何でしょうか?
                    呼吸、食事、睡眠など生命維持、生きていくのに必要なことや
                    歯磨き、入浴などの習慣化されたこと。

                    また、目標達成のために
                    反復、繰り返していることは、なんですか

                    素振り、トレーニング、基礎練習、計測・・・


                    そして、あなたが毎日行っても苦になるどころか
                    楽しいことは、なんでしたか。

                    読書、ギター、ピアノを弾く・・・


                    ということは、
                    これらの要素、要件に、当てはめていけば
                    継続できるのです。

                    生命維持、厳密な意味ではなくても
                    これをすることで、自分であれる
                    自分らしく振舞われるのなら
                    それは、ある種の生命維持行為。

                    私にとっては、日々の振り返りを書き留めること
                    ブログをアップすることがこれにあたります。

                    まぁ、ここまででなくても
                    毎日、日記を書かないと落ち着かない
                    寝れない、氣分が悪いなど
                    習慣化することも継続のために必要というか
                    習慣化されていれば、継続できるということ。

                    歯磨きのごとく、当たり前のように
                    日記を書く。
                    つまり
                    生活の一部に取り入れているということ。

                    鮒谷さんは、「習慣化を習慣化する」とも
                    言っています。

                    実行者の言葉ゆえ、重いですね。

                    同様に、より大きなものを得るために
                    必要なことを継続したり、
                    「やめろ!」「やるな!」と言われても
                    楽しくてやめられない状態にすることも
                    継続するために大事なこととなります。

                    結局、最初は、外部要因で継続のきっかけをつくり
                    長期で継続をさせるのは
                    自分の内から湧き出てくる
                    ・本能、本質に近い部分
                    ・より高次の意識
                    ・楽しみ、ワクワク
                    を活用することで
                    継続することができるのです。

                    ここまで来るのは大変でも
                    ここまでくれば楽になる

                    そういうものです
                    継続とは。




                    他人と比較して

                    焦り、不安を感じている、あなたへ




                    継続は自信となる。

                    自信が不安を安心に変える


                     




                    ☆あなたの不安を安心に変える

                     パーソナルコーチ 山崎 耐忍






                    自分を成長させるための、

                    あなたに自信をつけるための、

                    お試しセッション

                    60分 10,000円(税込)にて

                    体験できます!

                    是非、ご活用ください!

                    但し、御一人様1回まで。






                    *なお、お試しセッションは

                    電話・スカイプ

                    対面の場合は都内当方指定場所となります。




                    お申込はこちらから
                     



                     

                    自信を持って、自分らしく生きていくあなたに


                    あなたの応援団 公式サイト



                    ブログは毎日、つぶやきは・・・

                    あなたの応援団 Facebookページ

                    http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki







                    それでは最後に



                    「素敵な あなたに 幸あれ!!」


                     


                    JUGEMテーマ:ビジネス

                    JUGEMテーマ:学問・学校

                    書けても・・・ 続かない・・・

                    2015.08.05 Wednesday 23:18
                    0
                      自分を客観視するためにも
                      書くことをお勧めしています。


                      「書く」と言う行為で
                      躊躇する人、戸惑う人もいますが
                      最終的にはクリアできるもの。

                      また、「書くこと自体」はじめから、
                      苦にならない人もいます。

                      本当の山は、
                      「書き続けること」

                      ブログを
                      9年ちかく、3,000以上の記事を書き続けている私も
                      始めは続きませんでした。

                      多くの方は、
                      端から「毎日続ける」という選択肢はありません。

                      「よし、ブログを始めよう!」
                      「週に1回なら時間が取れるだろう」
                      「そうだなぁ、ノー残業デーの水曜日に書こう!」

                      はじめのうちは、新たなことにチャレンジすることで
                      氣持ちも高ぶっている。

                      1週目、難なくクリア
                      2週目、なんとかクリア
                      3週目、「ノー残業デー=誘惑デー」と思いだす。
                      同僚からの「早く上がれるんだから、ちょっと行こうぜ!」

                      夏場だと、外の暑さとオフィスの空調のおかげで
                      喉が渇きまくる。
                      生が美味い!

                      4週目、ブログの存在は記憶から薄れる
                      以後、・・・

                      が、お決まりのパターン。

                      私も「週イチ」スタイルで始めた。
                      ノー残業デーと関係なく撃沈。

                      次に考えるのは
                      「『週イチ』なんて、きちっと決めるからダメなんだ」
                      「リラックス、軽いノリの方が続くんだよ」
                      「思った時にブログを書けばいいんだ!」

                      1日目、
                      熱い思いがブログに綴られる。

                      ただ、残念なのが、その後更新されることはなかった・・・
                      私も5回程度更新して消滅。

                      さすがに、私も考えました。
                      もともと飽きっぽい性格。
                      「そもそも続けるのが間違い」
                      との思考が、私を占拠しだす。

                      と同時に、
                      他人と同じことをするのが嫌い、
                      天邪鬼な性格でもある。

                      そこで、閃いたのが
                      逆転の発想!

                      「毎日続ければ、いいじゃん!」
                      この人生になかった選択肢を取り入れたことが
                      大当たり!

                      続くんです
                      続いているのです。

                      生きていく上の
                      ひとつのサイクルに組み込む。
                      つまり習慣化してしまうのです。

                      以前の私と同じで
                      「毎日続ける」選択肢がない方は
                      「嘘だろう」
                      「バカじゃない」
                      の世界かもしれない。

                      私も同じように考えていました。

                      でもね、知ればできるんです。
                      「あること」を知れば。
                      大気圏から飛び出してしまえば
                      後は突き進むのです。

                      要はいかにして、大気圏から脱出するか、飛び出すか!
                      そこだけなんですね。

                      私はクライアントさんにも、
                      その発想をお伝えしています。





                      他人と比較して

                      焦り、不安を感じている、あなたへ




                      知っている人は、知っている

                      当たり前のことを知る。


                       


                      ☆あなたの不安を安心に変える
                       パーソナルコーチ 山崎 耐忍



                      自分を成長させるための、
                      あなたに自信をつけるための、
                      お試しセッション
                      60分 10,000円(税込)にて
                      体験できます!
                      是非、ご活用ください!
                      但し、御一人様1回まで。



                      *なお、お試しセッションは
                      電話・スカイプ
                      対面の場合は都内当方指定場所となります。


                      お申込はこちらから
                       

                       

                      自信を持って、自分らしく生きていくあなたに

                      あなたの応援団 公式サイト

                      ブログは毎日、つぶやきは・・・
                      あなたの応援団 Facebookページ
                      http://www.facebook.com/shinobu.yamasaki



                      それでは最後に

                      「素敵な あなたに 幸あれ!!」

                       

                      JUGEMテーマ:ビジネス
                      JUGEMテーマ:家庭

                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>
                      自分を大切に思うあなたへの手紙
                      メールアドレス
                      まぐまぐ孫子
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 人を信じきれるか 海賊とよばれた男
                        藍色
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.7.8 第26号
                        あなたの応援団
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.7.1 第25号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.17 第23号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.10 第22号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.3 第21号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.27 第20号
                        あなたの応援団長
                      • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.20 第19号
                        あなたの応援団長
                      • 〜【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.13 第18号
                        あなたの応援団長
                      • 〜【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.6 第17号
                        あなたの応援団長
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM