Profile
あなたの応援団長 山崎耐忍
profilephoto


茨城県鉾田生まれ、東京都西東京(田無)市育ち。
       
あなたの応援団 主宰。

☆法政大学法学部政治学科卒業。



☆大学卒業後は、小企業、個人経営にて仕事をし、
 経営者につき、経営を体感する。



☆その後、黎明期の健康食品業界で第二創業を目指す企業に飛び込み、
 企業売上の9割以上(15億円〜20億円規模)をしめる事業部門を統括。



☆次のステップをめざし退職。
 前職時代に知り合ったメンバーと「より良いライフスタイルの提案」を
 テーマに健康食品、化粧品などを企画、製造、販売まで一貫して行う会社を     
 設立。経営に携わり初年度より黒字化。


 既存事業(物販)と並行して、個々の感情を満たすための価値提供を行い  
 「トータルでのライフスタイルの提案」のための学び、実践を行う。

 事業化を試みるも創業メンバー間での考え方の相違により退職を選択。



☆退職後は、【あなたの応援団】を主宰。
 これまでの経験、ノウハウをもとに、ひとりひとりが自信を持ち、
 自分らしく輝いて生きていくための【応援カウンセリング】を提唱。


 また、あなたの応援団としてのメッセージを、ブログを通じて8年以上
 毎日、お届けしている。






以下、詳細プロフィールです!


原点

小学5年生の4月、クラス替えがあり、新たな担任の先生がやってきた。

挨拶も、そこそこに、私たち児童にひとつの質問を投げかけてきた。

「この教室の主人公は誰だ?」

みな、子どもながらに戸惑っていた。

「なぜ、そのような当たり前のことを質問するのか・・・」



私たちは心でつぶやく「先生でしょ」

そして誰かが声に出す。

「先生だと思います」

「私も先生だと思います」

みな、納得して、うなずく。



だが、先生が発した言葉は異なっていた。

「君たちだ!」

「君たち一人一人が、この教室の主人公だ!」

この当時の子どもたちにとっては、あまりにも衝撃的だった。

まさにパラダイムシフト。

それだから40年近くたったいまでも、はっきりと覚えている。

「誰もが主人公、一人一人が主人公」

7か月と言う短い期間だったが、
私たちは、学校生活を通じて、このことを体験、体感していく。


この時のことが、今の私の原点となり、一人一人が、それぞれの人生の主人公として自信を持って生きることをサポートしている。



自分らしさ

10代の時から

地元の軟式野球チームではキャプテン

中学校、高校では生徒会長

20代前半

大学の体育会系サークルでは、キャプテンと会長



氣づくと、仲間をまとめる立場に自分がいた。


ただ、野球チームのキャプテンを除けば、
「まとめよう」と強く意識することは、なかった。

意識したのは、それぞれのメンバーが、その人に合った居場所、役割につけるようにポジショニングすること。つまりそれぞれが「自分らしさ」を発揮できるようにすることだった。




大学入学に合わせ、人生に必要なパーツ集めを開始させた。



個の自立

学生時代、世はまさにバブル時代。

「この波に乗って生きていく」風潮の中、
より「個」が重要とされる時代が来ることを感じ、

学業の傍ら、職人の世界に飛び込む。
在学中に、その道で食べていけるだけの実力をつける。



経営感覚

私が学生の頃の就職事情は、空前の売り手市場。大手企業、有名企業が、様々な名目のパーティ、旅行で内定者の囲い込み。

だが、経営を体感したかった私は、卒業後の3年間は小企業や個人事業に入りこみ経営者の行動を肌で感じる。
また、この期間でビジネス経理の知識もつける。





実践 マネジメント

肌感覚そして知識として学んだことを実践するために
急成長が見込める健康食品業界で第二創業を目指す企業に就職。


入社1ヶ月目から営業企画のリーダーとして数千万円規模の販売キャンペーン責任者に抜擢。その時、記録した月間販売本数は、業界紙の歴代記録で
5本の指に入った。


また、同時に製造管理部門も担当し、キャンペーン終了後(入社5ヶ月目)から製造管理部門のトップも兼務。

原料調達先の台湾とのパイプを固め、台湾向け事業の総責任者になり、
原料輸入に加え、製品輸出、現地法人設立(取締役就任)、
工場建設などを経験する。



国内事業でも健康食品の原料管理、製造、販売をトータルで管理する
ブランドマネージャーを経て、事業部門(当時の売り上げの90%以上を占める:15億円から20億円規模)のトップとしてマネジメントを行う。
月のうち、台湾で1/4、日本で3/4過ごすこととなる。



適材適所

業務でも個々のメンバーの「自分らしさ」を活かし、就業時間内勤務を徹底。結果的にそれが好循環を生み、個々の能力を引き出し、
十分なパフォーマンスをあげる。

その後は、社内での活動枠の限度もあり、さらなる上をめざし、
退職を選択する。



起業 経営

退職後は、前職で縁をした製品企画に優れた者、販売力に特化した者と組み、
半年後に6人で起業。
「より良いライフスタイルの提案」をテーマに製造者、販売者、愛用者、それぞれが「みえる」企業をめざし、健康食品、化粧品を提供する企業を設立。
定款作成から登記まで、全てを行い会社設立のノウハウを得る。


逆風の中、設立1年目から大幅な収益を上げ、
結果的には新築マンション一戸分の税金を納め、顧問税理士事務所では、
当時はその話でもちきりだったと後に聞く。

法務、財務、トップマネジメント全てを行い、銀行対応、税務調査立ち会い、裁判など幅広い経験をする。



危機対応とコネクション

健康番組ブームの影響で、その時、自社の健康食品で使用していた原料が脚光を浴びる。原料事情が逼迫。商品需要が高まる中、原料価格高騰のうえ、
原料が市場からなくなり入手できなくなる。

経営判断としては、販売中止の意見もあったが、「信頼」確保のためにも、
販売継続を主張。流通在庫の再分配奔走すると同時に、
社外コネクションを活用して、どうにか原料を入手。

原料高騰の影響で販売利益はでなかったが、
信頼を失うこと無く、危機をのりきる。



物販から価値提供へシフト

私の構想では、次の事業展開は、物販に加え、ライフプランニング、
ライフコーチング、カウンセリングを通じて、お客さまへ価値提供することを計画。

そのことにより「トータルなライフスタイルの提案」にステージアップする計画であったが、最終的には他のメンバーとの調整がつかず、
方向性の違いから退職を選択する。



ライフワーク
退職後は、【あなたの応援団】を主宰。
これまでの経験や人間関係の実践で学んだことをもとに、
ライフワークとなる、【応援カウンセリング】を提唱。

ライフプランニング、ライフコーチング、カウンセリングを通じて、
誰もが自信をもって、自分の人生をおくるサポートを行っている。


また、あなたの応援団としてのメッセージを、ブログを通じて8年以上
(3,000以上のメッセージ)毎日お届けしている。

Calender
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
自分を大切に思うあなたへの手紙
メールアドレス
まぐまぐ孫子
Category
Archives
Recent comment
  • 人を信じきれるか 海賊とよばれた男
    藍色
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.7.8 第26号
    あなたの応援団
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.7.1 第25号
    あなたの応援団長
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.17 第23号
    あなたの応援団長
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.10 第22号
    あなたの応援団長
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.6.3 第21号
    あなたの応援団長
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.27 第20号
    あなたの応援団長
  • 【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.20 第19号
    あなたの応援団長
  • 〜【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.13 第18号
    あなたの応援団長
  • 〜【孫子】に学ぶ 人生創造戦略〜 セルフインタビュー回答はこちら!2015.5.6 第17号
    あなたの応援団長
Recent trackback
Link
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM